妊娠線 予防

妊娠線が出来ないようにする「予防」と出来た後の「対策」

妊娠線 画像

 

妊娠線が出来てしまう原因を知ったら、
「出来ないようにするにはどうしたら良いのか」
知りたいでしょう。

 

そして、出来てしまったらどのようにお手入れをすれば
症状が良くなるのかということも一緒にご紹介します。

 

妊娠線が出来てしまい、消すことは無理と諦めた方も多いでしょうが、
そのような方にも効き目がある商品もありますので、
探している方はお試ししていただければと思います。

 

効果的な予防法

 

保湿

妊娠線 画像

 

保湿はとても重要です。
乾燥した皮膚は、肌に弾力がなくなり伸びにくくなり
どんどん大きくなっていくお腹に追いつけず、裂けてしまい、
妊娠線が出来てしまうのです。

 

ということから大事なことは、お腹が出てくる前の妊娠初期から
保湿をきっちりして、肌にうるおいを与えて柔らかくしておくことです。

 

 

注意しなくてはいけないことは、市販されている保湿クリームでは
妊娠線をきちんと防ぐことは出来ないというところです。

 

皮膚の表面は保湿出来ますが、皮膚表面だけでなく、「真皮層」が
伸びずに裂けてしまうことで妊娠線は出来てしまいます。

 

なので、弾力を与える有効成分や保湿成分が真皮層にまで届かないと
無意味と言えるのです。

 

「ストレッチマーククリーム」「妊娠線を消すクリーム」
「マタニティクリーム」というようなネーミングの
妊娠線のお手入れ用の商品を使うことをおすすめします。

 

体重コントロール

妊娠線 画像

 

妊娠すると少しずつ体重が増えるのですが、急に体重が増える
妊娠線がとても出来やすいです。

 

皮膚も徐々に大きくなる変化には対応できますが、
急激に変化があるとそれに応えられずに裂けてしまいます。

 

そして、以前から肥満気味の方も気を付けなければいけないのですが
皮下脂肪が多いと皮膚の下の組織も伸びにくいからです。

 

食事の管理

妊娠線 画像

 

さきほど体重コントロールが重要とお話ししましたが、
体重の事ばかり気にしてしまい栄養が足りなくなることもあります。

 

特定の栄養分が足りなくなることで肌トラブルが起きることもあるので
バランス良くミネラル、ビタミン、脂肪分、タンパク質を取りましょう。

 

 

対策とお手入れ方法

 

レーザー治療、外科的手術

 妊娠線 画像

 

お手入れは、エステサロン、美容外科、美容クリニックでも
行えます。

 

レーザー治療は改善に向けて真皮層のコラーゲンを治したり、
皮膚の収縮作用が出来ますが、薄くすることは出来ても、
全てが消えるとは言い切れません。

 

 

その他、形成外科で皮膚切開手術により隠すといったことも出来ます。
広い範囲に妊娠線が出来てしまった場合は、治療するのが困難なことも
あります。

 

普通、治療費用に数万円から数十万円ほどかかるそうです。

 

専用クリームでのお手入れ

 妊娠線 画像

 

妊娠線を消すのに有効的な事は、皮膚組織の補修お手入れや保湿です。

 

大切なことは、ダメージを受けた真皮層を健やかにし、跡になった
皮膚の表面も再生促進し、綺麗な新しい肌に変えることです。

 

そのためには、妊娠線やストレッチマークケア用のクリームを使い
真皮層までしっかりと有効成分を浸透させるようにしましょう。

 

上のようなクリームには、とても効果があるのですが、
肌のターンオーバー促進する成分が入っているからです。 

関連ページ

妊娠線は出来るのが当たり前?原因は?
妊娠をするとどうしても気になる妊娠線。どうして妊娠線ができてしまうのか?できてしまう原因を知って、しっかりと予防対策を取っておけば、妊娠線も怖くありません。
妊娠線を消すクリームの主成分とその効果
妊娠線を消すクリームは、商品により成分や効果に違いがあります。通常の妊娠線を消す為のクリームには、どんな成分が配合されているか、そしてどのように効果が現れてくるのか知ることで、今後の妊娠線の予防対策になります。
妊娠線を消すクリームの効果的な使用方法
妊娠線を消すのに効果があるのは、専用の妊娠線クリームを使うことですが、より効果的に使用するにもコツを覚えておくと、より効果を高めることができるので、その内容を詳しく紹介します。