妊娠線 原因

妊娠線は出来るのが当たり前?原因は?

妊娠線 画像

「妊娠線」は妊娠や出産をした事がある方ならば
誰でも知っているくらい、妊婦さんの有名な悩みです。

 

  • 体質で出来るのはしょうがない
  • どうしても出来てしまう
  • 出来ちゃったらもう消せない

 

このように思われがちですが、実際はどうなのでしょう?

 

気になりつつも、なんで出来てしまうのか、
予防法があるのか、といったことは知っている方が
少ないようです。

 

妊娠線が出来てしまう原因やそのメカニズムについて
お話しようと思います。

 

 

妊娠線について

 

どのような状態か

妊娠線 画像

 

・お腹が出てくることで皮膚の内部(真皮層)が引っ張られて
裂けてしまい
、みみず腫れ程の白っぽい線が出来てしまいます。

 

出来た頃は赤紫色の線でとても目立ってしまうのですが、
日ごとに白っぽくなったり、テカっているような白銀色に変わります。

 

痛みゼロの傷跡のようで、一度出来ると消えることなく
ずっと残ってしまう方が多いです。

 

・痛むことはありませんが、皮膚がかさかさの時は
かゆみも一緒に起こる「妊娠性掻疹」になることもあります。

 

妊娠している時は肌も敏感なため、炎症が起きたり悪化するので
しっかりと保湿して、場合によっては産婦人科で診てもらいましょう。

 

妊娠線が出来るところ

 妊娠線 画像

 

赤ちゃんが大きくなるのと一緒に出てくるお腹が一番出来やすいですが、
お尻、胸、太ももといった脂肪が付きやすいところにも出来ます。

 

皮膚の表面が柔らかいので、体の変化と一緒に伸びやすいですが、
中の真皮層にはダメージがあるということです。

 

出来始める頃

妊娠線 画像

 

妊娠6カ月頃のお腹が急に大きくなり、体型の変化が出る頃に多く、
4カ月頃から出来てしまう方もいますし、生まれる間近に出来る方も
います。

 

妊娠線が出来てしまう原因

 妊娠線 画像

 

妊娠線が出来てしまう方と出来ない方の違いはあるのでしょうか?
原因として考えられる点を挙げてみましょう。

 

乾燥や老化

肌や皮膚の中の水分量が少ないと、柔軟性や弾力が不足して
肌に亀裂が入ることが多くなります。
加齢や日焼けなどで肌が衰えている時も、同様の症状が見られます。

 

栄養不足

つわりのせいで食事がうまくとれず、ビタミンや油分が足りないと
肌トラブルが起きやすくなります。

 

骨盤が小さい、小柄な方

お腹がせり出してしまう方が多く、皮膚もかなり伸びてしまいます。

 

肥満気味

皮下脂肪がたくさんある方は、弾力がないため皮下組織が伸びず、
亀裂が入ることが多いです。

 

多胎妊娠、経産婦さん

双子や三つ子以上を妊娠されている方はどうしてもお腹が大きくなり、
経産婦さんは子宮が大きくなりやすいため、
その変わりように皮膚が付いていけないということがあります。

 

 

当然ですが、これが必ず原因になるわけではなく、
該当しない方も妊娠線が出来てしまうことはあります。

 

きちんとした原因が解明していないので、全員が保湿をしたり、
体重を急に増やさないようにするように気を付けた方が良いのです。

 

関連ページ

妊娠線が出来ないようにする「予防」と出来た後の「対策」
すでに出来てしまった妊娠線はなかなか消すことが難しいのですが、出来る前に予防できれば安心ですよね。どうしたら妊娠線を予防することができるのか、ご紹介しています。
妊娠線を消すクリームの主成分とその効果
妊娠線を消すクリームは、商品により成分や効果に違いがあります。通常の妊娠線を消す為のクリームには、どんな成分が配合されているか、そしてどのように効果が現れてくるのか知ることで、今後の妊娠線の予防対策になります。
妊娠線を消すクリームの効果的な使用方法
妊娠線を消すのに効果があるのは、専用の妊娠線クリームを使うことですが、より効果的に使用するにもコツを覚えておくと、より効果を高めることができるので、その内容を詳しく紹介します。