妊娠線予防 クリーム

妊娠線を消すクリームの効果的な使用方法

妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線を消すクリームは、使用方法や成分が違う
商品が多数売られていますので、効き目がある
使用方法もたくさんあります。

 

基本的な使用方法や、してはいけない使用方法、
重要な点など共通部分もありますので、ご紹介いたします。

 

使用量

 妊娠線クリーム 画像

 

めやすの使用量は、その商品ごとに違うと思いますが、
たくさん使って、肌の乾燥を予防しなくてはいけません。

 

少ししか使わないと、ムラになり、塗れない部分も出てしまうので
気を付けましょう。

 

そして、出来てしまった妊娠線を改善したい時は、
皮膚の間できちんと成分を浸みわたらせなくてはならないので
たっぷりと塗って奥底まで届くようにしましょう。

 

 

回数、頻度

 妊娠線クリーム 画像

 

これも商品によって違いますが、たいてい1日2回
朝晩に使うことをすすめています。

 

妊娠線のお手入れで大事なことは「乾燥させないこと」なので
寝起き、バスタイム後の肌バリアが弱い時に
しっかりと保湿し、保水成分を補ってあげましょう。

 

といっても、乾燥がひどい方や妊娠線がかなり目立つ方は、
使用回数をもっと増やしても良いのです。

 

防ぎたい方は、お手入れの回数をこまめにすると良いでしょう。

 

 

使う時期

 

妊娠線予防

 妊娠線クリーム 画像

 

妊娠線予防のお手入れは、妊娠6時ヶ月頃からつわりも終わり、
体の変化を余計感じるようになる頃に始めようと思うようです。

 

妊娠線が出始めるのは、妊娠後期の方が多いようなので、
お手入れとしては遅くはないのでしょう。

 

でも、妊娠線が出来る原因などから、
体が変わっていく間、いつも潤い、弾力、伸び、柔らかさを
キープするのがポイントとなります。

 

 

そして、体質などで妊娠初期頃から妊娠線が出てしまうこともあり、
早めにお手入れを始めると良いでしょう。

 

産後はホルモンバランスが乱れがちですので、1年程は、
皮膚のたるみからシワになることが多いので、
クリームでお手入れをすると良いです。

 

出来てしまった妊娠線のお手入れ

 妊娠線クリーム 画像

 

出来るだけ早くお手入れを始めることがポイントです。
時間と共に消えにくくなりますし、そして肌の老化により
代謝もダウンしてしまうので、更に自然に治ることはないでしょう。

 

クリームを使いだしてすぐは聞き目を感じないかもしれませんが、
肌の中から治すには時間を要します。

 

時間をかけてお手入れをし、焦ったり、諦めたりしないよう
しましょう。

 

効果的な塗り方

妊娠線クリーム 画像

 

お腹や胸、脚、おしりというように、どこをお手入れする時も
体の中心部から外に向かって塗っていきましょう。

 

お腹のお手入れ

 

@おへそを中心に円を描くように一定の方向に塗っていきます。

 

A下腹部から上の方向に手のひらで塗ります。

 

お腹がかなり出てくると、下腹部が見えづらくなり、
妊娠線がとても出来やすくなりますので、きちんとクリームを
全体に塗るようにしましょう。

 

B最後に、おへそを中心に体の外側に向かって手のひらで
塗りましょう。

 

※妊娠中のお手入れは、お腹の張りを起こしてしまうことがあるので
マッサージはせずに、ただ表面に優しく塗るだけにしましょう。

 

クリームを塗っている時は、張りなどを感じてしまったら
続けずにやめるようにしましょう。

 


 

ご紹介したことは、妊娠線を消すクリームの一般的な使用方法や
注意点です。

 

クリームを使って実際にお手入れする際は、商品説明をご確認の上
使うようにしましょう。

 

関連ページ

妊娠線は出来るのが当たり前?原因は?
妊娠をするとどうしても気になる妊娠線。どうして妊娠線ができてしまうのか?できてしまう原因を知って、しっかりと予防対策を取っておけば、妊娠線も怖くありません。
妊娠線が出来ないようにする「予防」と出来た後の「対策」
すでに出来てしまった妊娠線はなかなか消すことが難しいのですが、出来る前に予防できれば安心ですよね。どうしたら妊娠線を予防することができるのか、ご紹介しています。
妊娠線を消すクリームの主成分とその効果
妊娠線を消すクリームは、商品により成分や効果に違いがあります。通常の妊娠線を消す為のクリームには、どんな成分が配合されているか、そしてどのように効果が現れてくるのか知ることで、今後の妊娠線の予防対策になります。